ホームヘルパー 資格

ホームヘルパーの資格はまずは学校選びが大事ですホームヘルパーの資格は人気が高い資格のひとつです。そのため専門学校や通信講座などたくさん学校があってどれを選んでいいか分からなくなりますね。取得できる資格の種類もいろいろあるみたいなので、将来の自分がなりたい職種に合った学校を選ぶのは意外と大変です。

 

私は、1校ずつホームヘルパーの講座をWEBや、電話で調べていましたが、あるとき友人に「一括資料請求ができるサイトがあるはずだよ」と言ってました。その友人は通っている専門学校を選ぶとき、一括資料請求サイトでたくさんの学校からまとめて資料が届いてすごい便利だったと言ってました。

 

ホームヘルパーでも一括資料請求サイトを探してみたらありました。さっそくホームヘルパーにチェックマークを入れ、送付先の情報を入力して資料請求しました。

 

⇒ 一括資料請求サイト「シカトル」の公式サイトはこちら

 

資料請求してから数日のうちにたくさんの資料が届きました。

 

ホームヘルパーの学校はたくさんありますが、資料を比較すると、本当に実務に役立つ資格は何か、通学の専門学校じゃないと取れない資格、通信でも取れる資格、役に立たない資格はどれか、講師陣は優秀か、サポート体制、受講生同市の交流、就職斡旋など、いろいろなことを勉強できました。

 

もし、私と同じように学校選びに迷ってる人がいたら参考にしてくださいね。

 

>>無料一括資料請求サイトに行く

 

ホームヘルパーとは

 

ホームヘルパーとは、さまざまな理由で日常生活を送るのに支障のあるお年寄りや障害者の家庭を訪ねて、身体の介護や家事サービスを提供する人のことをいいます。

 

ホームヘルパーの主な仕事は、

 

1.身体の介護に関すること
食事、排せつ、衣類着脱、入浴、身体の清拭・洗髪、通院等の介護

 

2.家事に関すること
調理、衣類の洗濯・補修、住居等の掃除・整理整とん、生活必需品の買い物、関係機関との連絡、その他の家事

 

3.相談・助言に関すること

 

の3つです。

 

ホームヘルパーの資格には2種類あります。

 

ホームヘルパー2級

ホームヘルパー2級とは、介護保険法で定められたケアマネジャーが作成する「ケアプラン」に沿って、要介護認定を受けた在宅の高齢者や障害者を訪問して、調理などの家事や身体の介護など生活全般のサービスを提供する資格です。
介護の基礎的資格で、初心者から安心して学べる大人気の資格です。

 

※2013年度から、ホームヘルパーの資格が新しくなります。新制度は「介護職員初任者研修課程」(仮称)。この資格が、旧ホームヘルパー2級に相当します。これにともない、カリキュラムが新しくなり、実習や介護技術が重視されることになっています。ただ、既に2級を取った人はこのまま訪問介護の仕事に従事できます。つまり今年度末までに2級をとった方が有利ということになります(実習がないので取りやすい)。

 

ホームヘルパー1級

ホームヘルパー1級ではチームリーダー的な資質を学ぶための、より深い知識や技術を学び、介護技術を理解して実践するだけではなく、ヘルパーたちをまとめるサービス提供責任者として働くことが可能で、更なるやりがいを感じることができます。

 

ホームヘルパー1級の受験資格は、ホームヘルパー2級修了後、1年以上(180時間)かつ業務従事日数が180日を越える実務経験が必要です。

 


医療事務 専門学校 医療事務の資格を取りたくて専門学校か通信か迷っていましたが、一括資料請求サイトを使ったらいろんな学校からまとめて資料が届いて便利でした。
心理カウンセラーになるには 心理カウンセラーの資格を取りたくて専門学校か通信か迷っていましたが、一括資料請求サイトを使ったらいろんな学校からまとめて資料が届いて便利でした。
 
トップページ 運営者情報